varietyVarious people

Akimi Fukuzakiさん11

2017年10月に一時帰国した際、いただいたスワンアルバーグの靴。
10月下旬にセルビアに戻ってきてから履かせていただき、いまはこんな感じに
馴染んでいます。

インタビューを受けて、自分の人生を振り返る機会でした(笑)
モロッコで雑貨作りをはじめた時は、未経験からの出発で手探り状態でのスタート。
そして、セルビアでのモノ作りは「一般女性とのモノ作り」と、モノ作り大国のモロッコと違い、素材を見つけるだけでもひと苦労の日々の中でのスタートでした。
あちらのお店がいいと言われれればそこへ出向き、また別のお店を紹介されれば
そこへ行き、今ではセルビア女性に「そのお店も知ってるの?」と言われるくらいになりました。 あちこち歩きまわっている私の日常には、スワンアルバーグの靴はぴったりです。
底がやわらかいので長時間歩いても疲れず、見た目もいいのでとても重宝しています。

私とセルビア女性と共同で立ち上げたアソシエーション「GRAND SOCCO」を知っていただこうと、3月下旬から4月にかけてベオグラードでイベントを企画中です。

この2年間コツコツとモノ作りを進め、やっと少しずつカタチになってきたのを機に、
セルビアの方にも日本の方にも私たちのアソシエーションを知っていただける機会にできたらと思っています。

国籍を超えて協力しあいながら1つのものを作り上げ、お客さまにも喜んでいただける
システム、関わる全員が心地いいと思っていただけるようにこれからも進んでいこうと思っています。
GRAND SOCCOの意味は「大きな空間」、どんどん関わる人が増えていきますように!

代表 アソシエーション・GRAND SOCCO
AKIMI FUKUZAKI/ 福嵜 明美