varietyVarious people

伊藤和美さん02

伊藤和美さん愛用のバイク

流行のカテゴリー分けも、どんどん簡略化されている

例えば昔は
子供、女性、若い女性、おばさん、おばあちゃん…それぞれのいろがあり、着る服の種類があった。
それが2010年頃から、女性の流行は、子どもから大人までこれ!
と、どんどん選択の幅がせまくなっているように感じました。
そして、いろいろなジャンル、色、柄、シルエットのお洋服があったはずが
「どこに行っても同じものしかない。着る服がない。」という声が聞こえてくるようになりました。

伊藤和美さん
それでは、どんどん自由な感覚の価値がなくなっていき、
窮屈に感じる人達は、どんどん増えていく一方だと思うのです。