walkスワンアルバーグと歩く

ベトナムと言えば、麺!

ベトナム!
「フォー」を食べるんだー♪
もっちもち大好き!

と、ワクワクしてベトナムに向かった私。

一番最初に口にしたベトナム「麺」は、「フォー」ではありませんでした。
和美さんにつれていってもらった、こじゃれた内装のお店は、
ベトナム中部の都市「フエ」の代表的な麺料理 「ブンボーフエ」のお店。

ブンボーフエ

ỐT DỘT QUÁN
———————————————–
公式サイト
https://www.facebook.com/otdotquan/
———————————————–
Bún Bò Huế(ブンボーフエ)とは
・米からできた麺 ”Bún (ブン)“
・牛を意味する ”Bò (ボー)“
・ベトナム中部の都市 ”Huế (フエ)“

内装は、とてもかわいい、カフェっぽい感じ。
日本で考えると、「伝統料理」って、もっと、どっしり、重々しい感じとか、昔ながらーーーー!って雰囲気満々だったり
っていうものを想像するんだけど、高い天井に、壁一面に描かれたアーティスティックな絵だったりとか。
でも、そんな中に、ベトナムならでは!っていう雰囲気もちゃんとあったり。

うーん。
「センスがいい。」
この一言につきます。

そういえば、「パクチー」が苦手で、ベトナム料理食べれるかなぁ…と心配もしていた私ですが
結局最後まで「パクチー」食べた記憶がない。
出て来てたのかな?

麺類を注文するたびに山盛りのハーブとかもやしとか、バナナの花の乾燥したやつ?とかが出て来てて
食べれば食べるほどクセになって
ベトナム滞在最後の方は、山盛りハーブを残さず食べるようになってたけど…。

そういえば「パクチー」食べなかったなぁ。。

ベトナムの麺はこれのほかに
汁なし麺
ブンチャー(bún chả)も食べた。
これは、つけ麺みたいな感じかな。麺と汁物が別に出てくるから、好みでつけて食べるみたいな感じ。

フォー、ブンボーフエ、ブンチャー、
10日間の旅の中で、3種類のベトナム麺を食べたけど、、、
こんなもんじゃない。
ベトナムにはこのほかにもたくさんの種類の麺があるようです。

次回、ベトナムを訪れた時は他の麺にもチャレンジしてみよう~♪